更年期は、正に性成熟期から生殖不能期への移行期「45歳、55歳」にあたり、平均51歳で訪れる閉経以降の30年余の生活をいかに健康に過ごすかを考える、人生の節目といってもよいでしょう。更年期障害は、この時期に生じる自律神経失調症状と精神症状が相互に関係しあって起こる、不定愁訴の総称と考えられます。

更年期障害の症状について
症状は自律神経失調症状、精神症状、その他の症状に分けられます。通常、自律神経失調症状と精神症状は混在しています。

自律神経性更年期障害の代表的なものは、ホットフラッシュ「顔ののぼせ、ほてり」、発汗などの症状です。ホットフラッシュは閉経女性の40%、80%に認められ、数年間続き、長期にわたる場合もあります。しかし、そのうち治療を要するものは25%とされています。

精神症状としての憂うつは、閉経女性の約40%に認められています。また、最近の調査では、日本の更年期女性の特徴として、ホットフラッシュよりも肩こりや憂うつを訴える頻度が高いことがわかっています。

更年期障害の原因について
更年期になると、加齢に伴う卵巣機能の低下によって、卵巣から分泌される女性ホルモン「エストロゲン」の量が減り、これが脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼして自律神経失調症を引き起こします。また、この年代の女性を取り巻く家庭や社会環境の変化からくる心理的ストレスが大脳皮質、大脳辺縁系に影響を与え、憂うつや情緒不安定などの精神症状を引き起こします。この自律神経失調症状と精神症状が相互に影響し合って、更年期障害の病状を複雑にしています。

更年期障害の予防について
更年期からは生活習慣病のリスクも高くなります。生活習慣病は日本人の3分の2近くが亡くなる原因とされる病気の総称で、糖尿病、脳卒中、心臓病、脂質異常症「動脈硬化の進行に伴い血中の脂質が増えすぎる病気」、高血圧、肥満などを指します。

40代や50代の頃は暴飲暴食をしたり、睡眠が多少不規則だったり、運動不足だったりしても、多少の無理はきいてしまいます。しかし、そのつけは確実に老年期に回ってきます。生活習慣病や骨粗しょう症などの慢性病は、ならないための「予防」こそが何よりも大切です。日本人の健康寿命「介護や日常生活の制限がない期間」は平均74歳。つまり、70歳頃から病気が見つかったり、介護が必要になったりするケースが多いといえます。

更年期は来たるべき老年期を見据え、「これまで縁遠かった病気にもかかりやすくなる」ということを自覚しながら過ごしましょう。生活習慣などをしっかり見直し、深刻な病気の予防を心がけることで、「転ばぬ先の杖」を手に入れてください。

また、めまい、ほてり、発汗異常、頭痛、動悸、息切れなど更年期障害の治療法としての主流は「ホルモン補充療法」ですが、ホルモン補充治療法に抵抗がある方や、服用する薬が多い方などには、漢方薬療法が適用されることがあります。

オススメサイト情報

早漏と持続力の関係はどのような関係があるのでしょうか。早漏と持続力は切っても切れない関係で射精が早い男性にとっては持続力という言葉には敏感に反応してしまいます。早すぎる射精の男性にとっては持続力という大きな壁を乗り越えていかないといけません。勃起不全の男性は勃起を持続する持続力の前に勃起をするという大きな壁があります。早漏の男性は射精をしないように持続する持続力というだけの大きな壁です。だからいい方向に考えると勃起はするのでセックスはできます。
媚薬の正規品媚薬は日本で大人気な魔法の薬です。日本だけではなく、全世界でも媚薬を使っている方は結構います。媚薬は夫婦関係を改善し、マンネリを解消できる神器として流行っています!ですから、このきっかけを掴んで媚薬を販売している通販店の数はだんだん増えています。
シアリスの正規品と同成分のシアリスジェネリックの安全性と効果についてとこのように呼ばれるED治療薬とはどのような医薬品でしょか? バイアグラとシアリスとレビトラで効果持続時間比較したとき、ダントツで持続時間が長いのがシアリスである。 バイアグラ、レビトラの欠点を解消するために誕生した薬であり、効き目はマイルドだが持続時間はレビトラと比較しても2倍以上である。
本当に人気がある精力剤 妻からは、このままセックスレスなら離婚すると言われています。30代前半まで喫煙していました。飲酒は、勃起不全の要因とのことなので極力飲まないようにしています。