女性更年期の発症時期、またなぜ更年期障害が起こる?

女性更年期とは
更年期は男女と問わず、誰にも起こることができますが、一般的に女性たちは更年期を迎える前後、もっと目立つ特徴があり、男性の場合、著しい兆しがないと言われていますが、ここで主に女性更年期を説明します。女性更年期とは、個人差がありますけど、女性の閉経をはさんだ前後約10年間のことをさします。症状として生理不順、イライラ、婦人科疾患の発病率が高くなることなどがあります。これも更年期障害と呼ばれています。それで、更年期を更年期障害と区別する必要があります。

女性更年期の発症時期
女性更年期の発症時期について、女性が閉経する平均年齢は50歳といわれていますので、おおむね45~55歳の時期になります。更年期の不調は、この時期で女性ホルモンの急激な減少が原因となって、自律神経が乱れることが原因。ホルモンの減少を食い止めることはできませんが、この急減が緩やかになれば、ひどい不調は緩和しやすくなります。

最近、30代から40代半ばの女性でも、生理不順になったり、月経が無くなって、女性ホルモンの分泌が乱れている人が急増しています。これは、ストレスや無理なダイエット、食生活を含めた不規則な生活などにより、早いうちから徐々に卵巣機能が低下してしまったことが原因と考えられています。このような状態になると、ほてりや手足の冷え、めまい、落ち込みなど更年期障害に似た症状が見られるようになります。このプレ更年期に起こる様々な不調が「若年性更年期障害」と呼ばれているものです。

更年期障害が起こる原因
更年期障害が起こる原因は、閉経にともない卵巣の働きが衰え、女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌が急激に減少することから考えられています。女性ホルモンの急激な減少にからだがついていけず、神経の調節不良や心身の不調が起こりやすくなる状態になるのです。そのような状態は多かれ少なかれ生じますが、特に日常生活にまで影響を及ぼす場合を更年期障害とよび治療を必要としています。

若年性更年期障害の場合、無理なダイエット、ストレスや不規則な生活習慣に密接な関係がありますから、それで、過度のダイエットを控えたり、ストレスを解消し、生活習慣を直したりすることは若年性更年期障害の改善に効果があります。