心臓病老人は運動することができる運動の更年期障害方法を掌握しなければなりません

心臓病になって1種の老年病、ますます多くの老人を患上た心臓病、深刻な影響が彼らの日常生活、私達はすべて知っている心臓病患者の激しい運動はできないが、適度な運動は病状にメリットがある.

Pは運動の最優秀季節です.ある人はスポーツを呼ぶの冠状動脈疾患の解毒剤」、運動は脂肪を減らし、血圧、血糖値を下げる、ダイエット効果、もっと心臓機能を高めることができるポンプ血、それによって改善冠状動脈の狭い.しかし,心の外科の専門家はみんなに注意して、心臓病の人にとって、选ぶべき歩いて、ジョギング、サイクリング、水泳などのスポーツ動態型、避けるべきをダンベル、重い物を運ぶ、腕相撲など静態型運動.心臓に問題のある老人が一部で筋トレに上肢性にもかかわらず、運動は全身の性活動量が大きくて、しかし更に誘発しやすい心臓病の発作.

一度は心筋梗塞後、心臓機能が明らかになることができますので、冠状動脈硬化患者は運動をしても心臓に負担が過重ず、静や動の度を把握します.一般的には心臓病の人にとっては、医師の処方によって運動することの運動量を歩いて、ジョギング、サイクリング、水泳などのスポーツ動態型、避けるべきをダンベル、重い物を運ぶ、腕相撲など静態型運動.これはこのをこれらのロードの、突然爆発的に運動する時、心臓のために供血運動中の筋肉を収縮、強力な,更年期障害、その時の心拍数の短い時間内に向上した20.このような行為は心臓に問題に対してはいけない、非常に、心臓病の発作を誘発しやすい.

だから、心臓が問題のある老人がスポーツをしている時、全身性の運動を選択して心身の目的を鍛える目的を選択して、そのために以下のいくつか全身性のある、有酸素運動を推薦しました.

競泳

水泳<P>1時間、毎週3回

は毎週1時間水泳はとても良い運動方式で、運動の過程の中でばんえい、膝を保護するためにとても良いです.しかし、冠状動脈心臓病患者にとって、水泳の時間が長すぎないで、一般的には、長時間水泳を引き起こす動悸と筋肉過労、めまい、息苦しくなって.水温は適しなければならない.

また、水温過涼しくて、皮膚の血管が収縮にして、肌が白く、水中で滯在一定時間後、体表血流の拡張、皮膚は蒼白転が薄紅色、肌の体は寒くて暖かくなり、滯在していたのは長くて、体温より熱散熱出して、皮膚が鳥肌と寒震えて現象.心臓病の患者に対してにとって,これらの反応に回心血量は激しく変化し、この刺激が緻命的なので、水泳を選ぶ場所と時間、および適切な温度、不必要なリスクを避ける.

自転車<P>に乗って

乗って<P>p>レーシングさん<週回、毎回自転車で少なくともさんじゅう分

は表明を研究して、徒歩、自転車や活動薄型時心源性突然死率最低、ジョギング時急死し率」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です