更年期症状について

更年期とは
更年期は、まさに性成熟期から生殖不能期への移行期(45~55歳)にあたり、平均51歳で訪れる閉経以降の30年余の生活をいかに健康に過ごすかを考える、人生の節目といってもよいでしょう。更年期障害は、この時期に生じる 自律神経失調症状と精神症状が相互に関係しあって起こる、 不定愁訴その総称と考えられます。

更年期症状
更年期障害でみられる症状(更年期症状)にはいろいろなものがあります。下表は主な症状をまとめたものですが、ここに示した以外の症状がでることもあります。また、ホルモン分泌の乱れに対して体や心が敏感に反応する人とそれほどでもない人がいるので、症状の強さにもかなり個人差が見られます。

20~30代でほてりやのぼせ、イライラなど更年期のような症状を感じる女性が増えており、増加している背景には、強いストレスや不規則な生活、過労や無理なダイエットがあるのではないかと言われています。
20代女性は社会人として初めて経験することや仕事の重圧も多く、30代になると結婚や出産、子育てなどで生活が激変することもあります。 精神的なストレスやプレッシャーが、更年期同様の症状を引き起こす原因となっているのではないかと考えられています。 若年性更年期障害は、早期の治療によって更年期症状を改善することが可能です。できるだけ早めに婦人科を受診しましょう。
分類       症状
血管運動神経系 ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)、発汗、冷え、動悸、息切れ、むくみ
精神神経系 頭痛、めまい、不眠、不安感、いらいら、憂鬱、うつ状態、耳鳴り、立ちくらみ
運動器官系 腰痛、肩こり、関節痛、背部痛、筋肉痛、疲れやすい
消化器系 食欲不振、吐き気、便秘、下痢、のどの渇き、口臭、胃もたれ、胸やけ
泌尿器系 頻尿、残尿感、排尿痛、血尿、尿失禁
生殖器系 月経異常、膣乾燥感、性交痛、性欲低下
知覚系 しびれ、知覚鈍麻(感覚がにぶい)、知覚過敏、蟻走感(蟻が体を這っているような感覚)、視力低下
皮膚系 皮膚の乾燥、かゆみ、しわ、くすみ
このように更年期障害では多くの症状がありますが、注意してほしいことは、これらの症状が更年期障害によるものとは限らないということです。
何らかの症状が現れた時に、更年期症状だと思って放っておいたら、実はほかの病気だった、というようなこともありますので、気になる症状が現れた時には婦人科などの専門医を受診するようにしてください。