更年期障害の対策について

更年期障害は一般的に閉経の前の5年間、後の5年間の合わせて10年間に起きます。多くの場合、45~55歳にあたります。更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れによるもので、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが減少することで起こります。女性には避けては通れない体の変化です。更年期障害は女性にとってたいへんですから、更年期障害の対策は何でしょうか?本文では、更年期障害の対策の情報についてご紹介します。

更年期障害の対策では、改善をはかる場合は、まずは日常生活から見直してみましょう。偏った食生活や睡眠不足といった乱れた生活を続けていると、生体リズムが狂い、自律神経のバランスを乱す原因になります。まず食生活を見直し、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。特に、ホルモンバランスを整える働きがあるビタミンEや亜鉛は、更年期には意識して摂ると効果的です。

更年期障害を自覚している・していないに関わらず、健康な生活のために適度な運動は欠かせません。更年期に入ると体力が大きく低下するので、少しの運動でも疲労感を感じます。それが運動不足を引き起こしているのですが、自分の体力に合った運動を、無理なく根気よく続けることで身体機能が高まり、それがメンタル面にも良い刺激を与え、毎日の生活を快適に過ごしやすいものとします。

更年期がつらい場合はプラセンタを取ることが有効です。プラセンタとは哺乳類の胎盤のことです。サプリメントが市販されており、豚や馬のプラセンタが使われています。プラセンタに含まれる胎児を育てるための栄養素や成長因子が更年期には有効です。プラセンタを飲むことも更年期障害の対策の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です