生更年期障害まれて運命が決めた

前,何日、私は駅の隣などで友達を待っています.何気なく見てこんな幕を見てた.

2つの地方でおしゃれな女性は2つの四四歳ぐらいの子供を連れて、1つの辺鄙な隅に隠れています.

それぞれのお茶杯、それぞれ、人としては、人としては、人として、人の前に立っている.

人が歩いていく、子供は通行人の太ももにちぎっ、空いている杯を手渡し、通行人にお金を通す.

.たくさんの人にさせないで、また行き詰まるメンツもできず、子供を,ただドルを渡し、2元の子供.

1人の子供はあの婦人の身の回りに走って、お金に来て、お金を渡して彼女達に渡します.ご褒美として、婦人は二人の子供に一飲みと飲み物を飲み.そして,更年期障害、また子供がさっきの仕事を続けていき.

可能性は子供の心性、二人の子供はあまり喜んで.2の女性に、過去二巴掌扇.子供は痛みが恐れ、めそめそはコップをおだててさっきのところへ帰ってきた.

私はあの時、私の心はとても悪くて、私の心はとても悪くて、この時、私の心はとても悪くて、1時、私の心はとても悪くて.すべては運命だ.

Pは、ある人、生まれたら金のスプーン、屈託な生活をしています.ある人は貧乏な家庭に生まれ、読書にも1種の望みのような高望みだ.たくさんの人が多すぎます.

ます、決めるのはすべてそれぞれの出身で、幸せのカタチ.

だから、物乞いの人に会う人は卑しめない、軽蔑する.富貴に出会った人もうらやましがる、嫉妬して.

Pは、要するに、生まれた運命!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です