男性は飲酒が更年期障害過度にインポテンツにつながる

は、適量飲酒によって干渉性表現と性愉悦の恐怖感と罪悪感が減少、適度に飲酒を助長して性欲と性能力に一定の効果があります.しかし、大量長期飲酒は性ホルモンの負のフィードバックを破壊、生殖性によって代償を失った、最後に性腺が萎縮し、インポテンツが現れ、インポテンツが現れた.

男性が飲酒後にすぐに転入状態になる.

もしこの短い興奮状態に急いで性交、興奮し、無謀な失態と、甚だしきに至っては,性能力に発生しやすい偏差、制御性能力の神経係が抑制状態、勃起障害が起きてしまう.

p(2)血管システムの影響.

剛酒を飲んだ後、人とは発熱して、顔面のような赤み、そのため大量血液脳や皮膚の血管に集中して、もしその時性交、性器に大量に必要と血が出て、供給が追いつかず、ペニス勃起効果がない.発熱と顔赤みが消えてから、大量の血液は臓器で堆積して、かえって寒気がする人、この時性交、性器は得られない理想の供血も、勃起障害が生じる.長期にわたり大量飲酒は誘発動脈硬化、血管動脈硬化、血管が狭く、ペニスの充血程度が影響を受け、勃起機能が弱まる.

p(3)対性ホルモン代謝の影響について.

資料の表明があって、大量飲酒後、血液中雄激素睾酮の数が減っていく.一方ではアルコールによって直接妨害した睾丸生産睾酮;一方でアルコール刺激で、肝臓が加速睾酮の処理に分解され、多くの睾酮他の物質に変わる.また.また、男性は40グラムのエタノール,飲酒が連続して、肝硬変の危険性が増加しているということです.肝硬変が発生すれば、睾酮の処理能力が弱まって結果、エストロゲンとレベルが上昇、これらはすべてに勃起不全.

(4)全体の体質に影響を与える.

P長期飲酒や常に酔っている人は、やせ細っ,更年期障害、非力、食欲不振、特にアルコール成分が胃腸粘膜を刺激し、消化機能を妨げ、栄養水準が低下します.全体体質が低下すると同時に、性能力も低下しています.

p(5)中枢神経システムの影響について.

的機能は主に中枢神経システムの調節、アルコールは体内に含有量が多すぎ、中枢神経に対して抑制作用、興奮興奮した反射伝導経路を.長期にわたり酔っぱらうは男性の血液中のホルモンのレベルを下げて、睾丸萎縮、インポテンツインポテンツ.

P性欲減退症

(いち)アルコールは一種の性腺毒素、過度の飲酒者や長期性腺中毒を引き起こすかもしれませんが、表現を血睾酮レベルが低下、性欲減退.

年齢差の影響を排除しても、性欲が以前よりもリビドーと表現されていると、男性は慢性アルコール中毒患者で、年齢差の影響を受けても明らかになり.

p

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です