絶更年期障害美とゼツ

p老人、全国有名な大作家.彼は死ぬ前に、突然、非常につらい、秘書は私は医者に行きますと言いました.」ところが、秘書が開門うとする時、老人は『いいえ』と言います、『どうぞ』……お年寄りは昏睡状態になって、目が覚めていなかった……医者と看護師が聞こえて,更年期障害、すべて涙を流す.

どうぞの字の,人の世の中の最も暖かい最も明るい字の穴、それから桃李言わざれども下自ら蹊を成すの古い人口のうち,極めて困難はごく自然に出た――これはすばらしい心!

老人何も言わないが、この言葉は彼の遺言――遺言純粋で比類がなくて、重厚で比類がなくて、ある意味でも超えた老人の書いたシナリオや文章.だれも疑わないから、一番老人の美しい心を体現できるのは、確かに老人が生命を解釈するのだ.

この老人は夏衍.この事、私は1つの道理:慎ましやかは1種の深い教養、それは心に根づくて、その花は花でなくて自分で芳賀.そこで思い出しバルザック筆下の人物である老葛朗台.老葛朗台は死ぬと、どうしても舎で彼の身上財産、彼は必死にもがいて、とても見たく彼の金子.メッキの十字架が神父を貼って彼の口元にキスをして、彼のために彼の魂を天に昇る時、彼の目は奇跡的に見せて、極力してもあの十字架をぶんどるの姿勢は、そこで、この最後の努力も徹底的に彼の命を絶たれた.

本当に入神のわざで、バルザックがこんなにとても生き生きとしての詳細は、完成したトップけちん坊のイメージ作り.

夏衍歩いて、葛朗台も歩いた.しかし彼らは生命の最後の瞬間の表現は意外にもこのように大きいコントラストがあることを表現して、1つの絶美、1つの絶美、1つのゼツ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です