鍼灸の更年期障害注意事項は、疲労飢餓者には鍼灸にはしない

針灸針灸は漢方医で疾病の治療の方法を治療して、1つのとても悪くない養生保健療法.鍼灸療法は安全だが、注意しなければならないこともある.鍼灸療法はどんな注意事項がありますか.一起きてみようか.

針灸針灸の注意事項

には1、膿む灸あるいは灸によって、局部はやけどをして、お灸を生んで,この時必ず消炎薬を使って、感染を防止する.

に、妊娠した婦人針猛すぎるべきでなくて、腹部、腰らかっ部や子宮収縮のツボを起こすことができるように、三阴交ホク,昆崙、至陰など禁止鍼灸.

P3、灸をすると部分体面部位、冬季で保温する、夏の高温時には暑気あたりを防ぐ、同時に換気扇、直ちに新鮮な空気と引き換えに.

4、疲労、精神的に緊張し、空腹者は針を刺すことはできません;年老いて弱い者弱い者は針にして,更年期障害、できるだけ臥位につけて、取って穴が少なく、手は軽い.

P5、鍼灸治療室は広い明るい光線に良い、温度は適当に.

ろくや使っている鍼具は厳格消毒、あるいは使い捨て鍼具さん)が空腹、恐針などの患者の慎重な防止のため、発生注射怖い.

ななしち、体が極度に虚弱を、あまりに濡れ、大出血、病気重態(救急を除く)の患者は鍼灸.

Pは、寝る時間、不眠症の前に灸、食前空腹時、食後に灸などをしないように注意してください.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です