頭「とても怪我」の更年期障害六大習慣

長命、まず脳を養う、脳を養うことは百歳、人体健康はまず脳健康だという.脳は思惟の場、機体の中枢を制御する.人の思想、信仰、記憶、行為、感情は脳内にある.国際脳研究組織第4回神経科学大会は、21世紀を脳の世紀と称し、21世紀を脳の世紀と称している」.

しかし、現在は多くの人が脳に健康に対する重視、統計、私の国の脳病患者は年々増加し、現在では400万人に達している.中国の有名な脳神経外科専門家、中国医師協会神経腫瘍専門家委員会の委員于春江た教授によると、脳症の誘発原因最も主要なのは生活習慣など、飲酒、喫煙、飲食構造が不合理で、情緒のストレス、睡眠障害、欠け貯蔵運動など.このように人々が軽視する不良生活方式によって脳が堪えられない、次は6種類、あなたはどのくらいにあるかを見てみて.

タバコのニコチンを脳血管けいれん、収縮、硬化、弾性が弱まる.煙が好ギャンブルに手を出し、脳供血不足を早く出て、脳細胞栄養不良や脳機能減退などのように、容易に眠れないで、記憶の差でも起き老等早老、認知症.

アルコールはまた損傷肝脳.アルコールは、血の脳の細胞には、脳細胞には、脳細胞に.アルコールは少量アルコールで脳が興奮し、長期に大量飲酒をして脳細胞機能を抑制し、中毒症.その時、人は鈍感になり、精神障害も現れて.アルコール依存症が起きやすい脳卒中、その発生率が一般人より高いがたくさん.

p〉〈時は> <三、持久
疲れ
脳は巨大な潜在エネルギ-が、しかしも一定限度は絶え間なく消費.長期戦をやって疲れて、夜休まない、招きやすい脳機能減退、疲れて、不眠の多い夢、血圧の変動が現れて、甚だしきに至っては急死し.

毎日山海の珍味、食事の大食いで使い易い脳早老.豊富な魚肉生活、脳中の繊維増殖因子が明らかに増えている.脳内毛細血管内皮細胞増殖、血液中に血管硬化物質が滯在、脳細胞が減少し、脳細胞が老化している.

5、愛しないで
ない脳、連中英気を養う.実は脳休眠、読まない新聞、考えない、結局は知能が加速し、記憶が早く老衰して、動きは鈍く、動作ができて、最終的に郁抑症や認知症.老人の脳は多く使うこと、多思思、多すぎて、それを棚上げにすることはできません.

六、深刻な被害に偏食脳機能非常に複雑な構造、道は遠いが、大量の各種の栄養を提供するための足」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です